横浜金属の会社概要とメッセージ
約6000年前にメソポタミアで採掘されてから、ずっと権力と富の象徴であり続けた金。その輝きを人間の手で作り出す為に中世ヨーロッパで生まれた錬金術はやがて化学の原型となり、黄金郷を目指した大航海はアメリカ大陸の発見につながりました。人間の歴史は金を捜し求める歴史であったと言えるかも知れません。でも、これまで私たち人類が手にした金は、約15万トン、オリンピック・プールのわずか3杯分。しかも現在ある鉱山は、いずれは掘り尽くされてしまいます。新しい鉱脈も発見されていません。この貴重な資源をそのまま次の世代に残す為に、私たちの出来ること。それがリサイクルなのです。
1958年、リサイクルという方法で社会に資源を還元し始めたときに私たちは意外な所で新しい鉱脈を発見したことに気づきました。その場所は、人跡未踏の大地ではなく、人間が暮らす都市の中。つまり、ジュエリー、歯科材料、写真、車、携帯電話などの生活用品から、エレクトロニクス製品や医療機器や宇宙開発などの先端分野まで、私たちのまわりには貴金属が溢れているのです。金、銀、プラチナ、バラジウムなどの貴金属は物理的に優れた素材として、さまざまな産業で活用されています。しかも、そのニーズは増え続ける。それを精錬・精製して蘇らせることで、また資源が生まれる。現代の産業が貴金属を必要とする限り、都市の鉱脈に終わりはありません。