横浜金属が初めて通信端末から稀少資源の回収事業に着手したのは、1980年代の始め頃。
ある日、故 比嘉八郎(先代社長)は、新聞の片隅にポケットベルが埋立て処分場に捨てられていることを報じる記事を見つけました。
電子基板の中に含まれる接点材料やチップ材料には貴金属が利用されている事は当時から知られており、当社でもそのチップ材や接点屑から貴金属の精錬回収は実績が有りました。
ならば、完成品の端末にも、当然貴金属が含有されている筈・・・。
 
社長(先代):  「これ?リサイクルできないかな?」
営業社員:  「精錬できる最低含有率を下回っています。難しいですね。」
製造部員:  「破砕・焼却して、精錬対象重量に対する貴金属の含有品位を上げてみたらどうでしょう?」
社長(先代):  「いや、だったらいっそ分解して基板だけにしてみるか・・・」
営業社員: 
「すっ・・・直ぐに行ってサンプルを拾ってきます。」

当時としては、誰も思いもよらなかった画期的なプランでした。
ふと浮かんだ社長の独り言に、営業社員が持ち帰って来たサンプルの端末。
それは、横浜金属の技術者達の魂に熱い火を灯し、あくなき追求が始まった日でした。

そして現在、ポケットベルや自動車電話は携帯電話・PHSへと姿を変え、その加入者数及び排出・廃棄される端末の数は年々増加しています。弊社の長年の取組みが実を結び、TV,新聞や一般雑誌等の各メディアからも数多くの取材を頂き、「横浜金属が取組む、携帯電話リサイクルと循環型社会の形成」は広く世間に知られる所となりました。 しかし、貴金属の抽出だけを考える採算優先型のリサイクルでは、世の中の需要に応えられなくなってきました。我々はこの道のパイオニアとして、さらにもう一歩進んだ回収技術の向上を目指します。

横浜金属の挑戦は、これからも続きます。
携帯電話解体後の再生原料
解体後に出来上がる再生原料。素材別に分別する事で、資源回収率が高まり、再び資源として蘇ります。
横浜金属では、リサイクルの方法を、「破砕・焼却処理」から「手解体・分別処理」に切り替えました。リサイクルのコストを優先させた場合、端末を原形のまま破砕処理する方が優れています。しかし、破砕処理の場合、端末を構成する約40%に該当するプラスチック樹脂は、リサイクルされることなく資源としての使命を終えてしまいます。また破砕後に発生するシュレッダーダストや粉塵もリサイクルを妨げます。
一台一台を手解体し、しっかりと品目毎に分別を行う処理に切り替えたことで、貴金属の回収精錬率が大幅に向上しました。更には貴金属以外の資源が再生されるようになり、リサイクル率が大きく向上。またシュレッダーダスト等の残渣廃棄物の発生が抑制されます。
手分解による完全解体により、私達が目指した資源の有効利用と循環型リサイクルの育成というテーマと合致した完全リサイクルが可能になったのです。

携帯電話の処理方法について
サンプル端末のリサイクル率の比較